中検院は「子ども用化粧品の技術指導原則(意見募集稿)」を公表しました。

記事発行元:中国食品薬品検定研究院  掲載日:2022年4月11日

子ども用化粧品の登録・登記を規制し、化粧品を使用する子どもの安全を確保するため、中国食品薬品検定研究院(中検院)は、4月11日に子ども用化粧品の技術指導原則(意見募集案)を公表し意見募集をはじめます。

今回の意見募集稿のポイントは以下7点です。
・子ども用化粧品の基本要件
・製品名と関連情報の要件
・製品の処方と原材料の使用に関する要件
・製品執行標準の要件
・ラベリングの要件
・製品検査報告の要件
・安全性評価報告の要件

また、香料に含まれる可能性のある26種類のアレルゲン成分のリストも添付されています。

3つのキーポイント

  1. 子ども用化粧品の安全性評価に関する要件がより明確化されます。
  2. 中国市場に特化した製品の処方への要求事項がより明確化されます。
  3. 子ども用化粧品の物理的・化学的指標のpH値がより明確化されます。

 子ども用化粧品のNMPA登録・登記は、旧条例下でも大人向け化粧品以上に安全面への要求が多く非常に手続きの難易度が高いものでしたが、新条例下でも依然として厳格な管理がなされることとなります。
 大人向け化粧品よりも煩雑な申請準備の作業が生じると考えられますが、一方で、このような法規で細かい基準が明文化されることにより、これから許可取得を目指す企業としては、どのような製品であれば審査通過できるのか判断しやすくなり、申請準備も進めやすくなると考えられます。

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社WWIPコンサルティングジャパン
TEL : 03-6206-1723
Email: official@wwip.co.jp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる