[無料提供]NMPAより2021年3月4日に公表された中国新規制情報の要約資料「新 中国化粧品監督管理条例 施行に伴う NMPA登録/登記における今後の経過措置」を作成。無料でご提供を開始。

株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」という)は、2021年3月4日に公表された中国新規制情報「化粧品登録登記資料管理規定の関連項目に関する公告」の発表に伴い、内容を翻訳、時系列に経過措置を整理した資料を作成しました。

すでに登録済みの化粧品(CFDA申請制度における登録、NMPA申請制度における登録、登記)は2023年5月までに全ての原料成分の安全性資料を提出しなければなりません。 また、新規申請においては、2021年5月から2022年12月まで全ての原料成分の安全性資料提出について緩和措置がとられますが、2023年5月までに全成分の安全性資料の提出が義務付けられています。
日本企業にとって、新規の化粧品申請はもとより、既に登録・登記済み製品も含め、大きな負担が生じる今回の新条例施行。時系列を睨んで、その対策をとることが必要になります。

経過措置等についての公告「化粧品登録登記資料管理規定の関連項目に関する公告」はこちらをご覧ください。


免責事項
当社が提供する和訳は、中国語を翻訳したものですので、あくまでも便宜的なものとして利用し、適宜、原文を参照していただくようお願いします。当該和訳より決定、もしくは行為を起こしたことにより、損害を蒙ったとしても、一切の責任を負いません。
株式会社ワールド・ワイド・アイピーコンサルティングジャパン
東京都港区西新橋1-17-11

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社WWIPコンサルティングジャパン
TEL : 03-6206-1723
Email: official@wwip.co.jp

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる