【NMPA政策速報】シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムは抜け毛を誘発するのか?

シャンプーにはラウリル硫酸ナトリウム(中国語:月桂醇硫酸酯钠)という界面活性剤がよく使われています。
最近中国では「月桂醇硫酸酯钠は抜け毛を誘発する」という噂が流れており、今回その噂の真偽について語ります。

ラウリル硫酸ナトリウムとは

陰イオン性界面活性剤の一種であり、化粧品や洗剤で長く使われていた。
シャンプーにおいては、洗浄作用を持つ成分として使われ、発泡性・水溶性・洗浄性が強い界面活性剤として使われていたが、効力が強い故に一部の人に対して刺激性があるという問題点もある。

また、現時点で中国で市販されるシャンプーはラウリル硫酸ナトリウム一種の成分だけが 洗浄作用の界面活性剤として機能するものは少なく、基本的に他の界面活性剤や補助成分を併用しつつ、 ラウリル硫酸ナトリウムが高濃度における刺激性と脱脂性を回避している。
例えば、β-グルコシダーゼや両性イオン界面活性剤を加える事で刺激性を和らげ、シリコンオイル・脂肪アルコール・グリコールエステルなどで脱脂性を和らげることが出来る。

ラウリル硫酸ナトリウムを心配する必要はない

今までの研究によると、ラウリル硫酸ナトリウムと抜け毛の誘発に明らかな因果関係が認められていない。
ラウリル硫酸ナトリウムは非常に歴史の長い原料であり、多くの安全性データが蓄積されており、心配する必要はない。
ラウリル硫酸ナトリウムに何か欠点があるとしても、化粧品の調合によって十分和らげると証明されている。

シャンプーの選び方

ふけが気になる方はふけを抑制するシャンプーを使えば良いし、傷つけやすい髪や染めた髪の方は修復成分含有のシャンプーを使えば良いでしょうか、例えばシリコンオイルは傷んだ髪を修復する作用があります。

また更に気になる方はコンディショナーやリンスを使うと良いでしょう。

* NMPA公式サイトのこちらの記事を引用しました

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる