WWIP サービス費用を全面的に改定し公開

9月7日、株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は今年全面的に改訂された化粧品監督管理条例で新しく規定された化粧品新原料申請や既使用化粧品原料登録などの代行サービス費用、アセアン諸国での化粧品手続きや各国の商標申請に関するサービス内容の見直し等を反映させた新しいサービス費用を発表、公開しました
また、料金改訂に合わせ、中国DMF登記(薬包材、添加剤の事前登記制度)のご紹介資料を改訂しました。

WWIPでは、海外行政申請の申請代行、コンサルティングサービスを提供しており、同サービスをご利用頂く企業に、各種サービスの内容を具体的に、費用をわかりやすく明確に示すことを心がけて参ります。

公開された新サービス費用は以下の通りです。

中国化粧品・食品・新原料関連
・化粧品申請費用
・化粧品新原料申請費用
・責任会社変更手続き費用
・化粧品原料品質安全関連情報の提出・維持管理サービス
・食品申請費用
・原薬・医薬品包装・医薬品添加物の登記制度(中国DMF)

ASEAN化粧品・食品関連
・ASEAN 化粧品申請費用
・ASEAN 食品申請費用

台湾・韓国化粧品関連
・台湾 化粧品申請費用
・韓国 化粧品申請費用

商標出願・悪意商標対策
・中国商標出願・申し立て
・アジア諸国商標出願

コンサルティング契約
・サービス内容

すでにWWIPと契約を締結し、サービスを提供している場合、この費用は適用されず契約更新時に事前協議の上、適用されます。

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社WWIPコンサルティングジャパン
TEL : 03-6206-1723
Email: official@wwip.co.jp

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる