非正規流通調査&対策

大手ECサイトモニタリング    侵害ページURL削除代行サービス

中国大手ECプラットフォームでは、勝手に大量の商品が販売されています。

※ 正規品の3〜5倍の非正規品が勝手に販売されているという調査結果もあります

こうした非正規流通業者は、日本からの並行輸入品やハンドキャリーで持ち帰った商品を販売しているだけでなく、中には、中国の製造工場からの横流し品や模倣品なども含まれています。
こうした違法業者は、商品を販売するために日本メーカーからの直送品であるように見せかけようとします。
その為に、公式サイトの写真を無断で使用したり授権書を偽造して掲載するなどの偽装をしています。
結果、日本メーカーの正品であると誤解した消費者からのクレームが相次ぎ、知らぬ間にブランド価値が毀損されているといったケースが多々見受けられます。
これら悪質な侵害行為は、アリババ社などのECプラットフォーム事業者へ申し立てすることができます。
申し立てをすることで、当該商品ページは削除され、削除されるごとに積算される減点により店舗運営者に罰則を与えることができます。


勝手に販売されることでクレームが多発しているケース

偽物の化粧品を使用してアレルギーが出たと健康被害を訴える購入者に対してまともに取り合おうとしない非正規流通業者。
健康被害により取り返しがつかないブランドの毀損が発生する。

日本メーカーの正規代理店を名乗り商品を販売する


侵害URLの監視、削除サービス


当サービスの効果

写真の無断転載をしていた店舗は、アリババ社より違反罰則として店舗の点数を引かれます。
このような罰則が続くと、店舗の一時停止罰則、イベントに参加できない罰則、そして最終的には閉店罰則を強いられます。
模倣品を販売していた店舗は、アリババ社より罰則として即時閉店させられます。

模倣品工場の摘発はこちら>https://wwip.co.jp/anti/

お問い合わせをいただければ、貴社商品の流通状況を簡易調査(無料)して報告します。 お気軽にお申し付けください。