新着トピック一覧へ

 

ccc認証

CCC認証とは

CCC認証とは、China CompulsoryCertificationの略で、中国内で生産、販売している製品や中国に輸出されているすべての製品及び部品の強制認証品目に該当する製品は、IEC(国際電気標準協会)と中国国家標準に基づいて安全性と品質認証を受けるようにした制度として、必ずCCCマークを受けてから、中国内での販売が可能になります。
認証制度のバックグラウンド
中国政府はWTOに加入しながら、WTOの基本精神に基づいて自国から生産、消費される製品(CCEE)と海外から輸入される製品(CCIB)の認証マークを2001年12月3日からCCCに統合しました。
2002年5月1日から施行し、1年間の猶予期間をおいて2003年5月1日から強制的に施行しようとしましたが、実際には3ヶ月延期され、2003年8月1日から強制的に施行されました。CCCは、中国が世界貿易機関(WTO)に加入しながら、2002年5月から施行した品質·安全関連の認証制度であり、WTO加入前に自国(CCEE)と輸入(CCIB)に分けて運営することが自国民優遇という指摘に応じて2つの制度を2001年12月に統合して1年5ヶ月の猶予期間を経て、「CCC統合認証制度」を実施しています。
中国へ輸出する企業がこの認証を受けなければ、通関が許可されないことはもちろん、時によっては、罰金 RMB30,000元 (認証を受けた後に認証マークを貼付していない時はRMB10,000元)を支払わなければなりません。
CCCを受けるためには
国内企業が中国認証機関(DCBs)に申請書、技術文書とテスト製品を提出し、中国内の試験機関から安全·品質検査を行いながら、このプロセスを通過すると、工場を訪問、評価後に適していると認められる場合に証明書が発行されます。強制認証マークの検査対象は、
△線、ケーブル△電気スイッチㆍ保護装置、電気接続装置△低圧型の電気機器△低功率電動機△電動工具△電気溶接機△生活用電気製品△音響機器△情報技術装置△照明器具△情報通信端末機器△自動車の安全部品△自動車のタイヤ△安全のためのガラス△農機製品△医療機器△消防機器△技術の安定保護製品等となります。

CCC Mark認証手続の流れ

認証申請書類とサンプル提出→
製品試験及び初回工場審査→
認証結果の評価及び許可→
費用の支払い→
CCC認証証書取得→
CCCマーク購入又は核印版・印刷版の申請

認証取得手順

① CCC認証の申請
② 試験サンプル着確認
③ 製品試験
④ テストレポート完了
⑤ 工場審査通知
⑥ 工場審査の実施
⑦ 認証批准
⑧ CCCの証明書を発行
⑨ CCCマーク購入
⑩ 事後審査/更新審査

事後審査:12ヶ月以内に1回実施する
更新審査:5年1回実施し、その年には事後審査免除されて更新審査は、製品試験及び工場審査が最初の審査と同じように実施される

認証申請時の提出書類

適用製品は、モデルまたは系列に基づいて認証を申請することができます。
製造業者、モデル、規格が同じですが、生産工場が異なる製品は、申請単位が他のものと見なされます。そしてモデルが他の製品であっても供給電力、安全構造と機能とパフォーマンスに影響を与える主要部品が同じ系列の製品の場合、1つの単位として認定申請をすることができます。

認証申請時の提出書類

1.営業許可書(事業者登録証や工場登録証)
2.品質マニュアル(設置および使用説明書)
3.製品の製造工程の説明(製造工程も、QC工程図)
4.認証の申請製品の生産に関連する主な管理、生産、検査要員リスト(氏名、職務、資格、教育事項等 – 現場確認)
5.認証の申請製品の制御と回路の状態などを把握することができる資料(回路図など)
6.完成品と部品のサンプル

工場出荷時の審査

工場出荷時の審査は形式試験に合格した後に行われ、認証申請した製品を生産するすべての製造現場を対象に製造業者の品質保証能力と製品一致性審査を実施します。
工場出荷時の審査の期間は、認証申請した製品の単位や工場の生産規模に応じて4M / D〜8M / Dまで行うことができます。

製造品質保証能力審査

「製造業者の品質保証能力の要件」に記載されている手順に従って行われ、「責任と資源」、「文書の管理と記録」、「購入及び検査」、「製造工程の管理と点検」、「機器保全と機能点検」、「定期検査と確認検査」、「その他の要件」を確認することで、認証の申請製品の継続的な同一性の維持能力を確認します。

製品の品質保証能力審査

  1. 製品の安全性(Safety) – 各生産単位ごとに確認検査
  2. 電圧試験 – 各生産単位ごとに確認検査
  3. 電磁波特性 – 各生産単位ごとに確認検査
  4. その他の検査項目「中国国家認証実施規則>による

製品一致性審査

  1. 申請製品の表示と形式試験報告書に記載された内容の一致を確認
  2. 製品の構造と形式試験用サンプルの一致を確認
  3. 認証製品に使用された機能と性能に影響を与える主な項目、安全(Safety)に重大な影響を与える部分と型式試験時の試験機関から確認された製品の一致確認

製品一致性検査に異議があるか、専門の検査機関でしか一致するかどうかを知ることができない項目については、別途回収検査を行うことができます。回収検査用サンプリング製品は合格品の中でランダムに1つのモデルを抽出して、指定した検査機関で実施されます。

認証所要期間

認証期間は、認証機関によって申請書を受理した時点から、形式試験期間、工場出荷時の審査期間、認証結果の評価と許可期間、認証証書制作期間を含んでおり、正式に50日です。 (型式試験期間40日+レポート提出期間5日+認証結果の評価と認証証書制作期間5日)

事後審査期間

事後審査の方法は、製造業者の品質保証能力の再評価と認証製品のサンプリング検査結果内容で12ヶ月目に1次事後審査を実行して、その後では、毎年1回行われます。
次の状況発生時の審査回数が増加することができます。

  1. 認証製品に重大な品質問題や、ユーザーのクレーム提起について、その原因がメーカーにある場合
  2. 認証機関がかなりの理由で認証製品の安全規格の要件を満たすに疑問を提起した場合
  3. 製造業者の組織改編、生産環境と品質管理システムの重大な変更が生じた場合

更新審査

更新審査の周期は、5年ごとに実施され、最初の審査と同じ形式で製品の試験や工場審査が行われます。

証明書の発給及び事後審査

マークの使用許可を申請すれば、メーカーから直接銘板や本体にマーク付可能です。
マークの使用申請 – 申請者が第3者を通じて申請する場合は、委託証明書と証明書のコピー提出
マークの使用許可証の申請方法と書類
– 申請書の作成
– 証明書のコピー
– CCCマーク図案、中国語の銘板4枚、製品に直接CCCマークを付ける場合CCCマーク図案2枚,
その他の包装ボックスなどにCCCマークを表示する場合それに相当する図案を提出

印刷、プレス、金型、スクリーン印刷、塗装、エッチング、彫刻、スタンプや刻印する場合
製品本体に表示にくい場合最小単位のボックスに表記している場合
CCCロゴ代わりに、製品本体に「中国強制認証(中国語)」と表記する場合

マークサイズ

– 標準サイズ :以下の5つ(図1参照)
– 変形サイズ : 認証マークのサイズは、必ず標準寸法に比例して変形させなければならない
* CCCマークを別の方法で表示したい場合:CNCAが管轄(CCCマークDELIVERYセンター)

マークのカラー

白地に黒で表示されます。

HSコードを確認する

HS コードとは
「HSコード」は、「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description and Coding System)に関する国際条約(HS条約)」に基づいて定められたコード番号です。

2016年7月現在、世界税関機構(WCO)が管理している同条約には、日本をはじめ153の国及びEUが加盟しています。また、非加盟国であってもHSコードを使用している国と地域があり、それらを含めると200以上の国と地域がHSコードを使用しています。
(詳しくは下記のサイトでご確認できます/https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-010701.html)(jetroサイトから引用)

HSコード確認の際の注意点

HSコードを検索して表示される番号は、6桁または、8桁が表示されます。
例えば、エアコンのHSコードは、 84151021, 84151022, 84158210, 84158220に分類されます。

インターネットで検索した時、841510で 6桁の数字だけ確認できる場合は、その後ろの番号まで確認する必要があります。

中国海関(税関)はHSコード 841510は、6桁の数字であり、その後の残りの番号がないため、
84151021, 84151022, 84158210, 84158220 番号が含まれていると推定してCCC認証対象と判定されます。

※ 正しいHSコードを知ることは非常に重要です


 
CCCマークの使用及びラベルの購入(CCC标志的申购须知)

またご質問、ご要望については、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください