新着トピック一覧へ


ccc認証

CCC認証とは

CCC認証とは、China Compulsory
Certificationの略で、中国内で生産、販売している製品や中国に輸出されているすべての製品及び部品の強制認証品目に該当する製品は、IEC(国際電気標準協会)と中国国家標準に基づいて安全性と品質認証を受けるようにした制度として、必ずCCCマークを受けてから、中国内での販売が可能になります。

認証制度のバックグラウンド
中国政府はWTOに加入しながら、WTOの基本精神に基づいて自国から生産、消費される製品(CCEE)と海外から輸入される製品(CCIB)の認証マークを2001年12月3日からCCCに統合しました。
2002年5月1日から施行し、1年間の猶予期間をおいて2003年5月1日から強制的に施行しようとしましたが、実際には3ヶ月延期され、2003年8月1日から強制的に施行されました。

CCCは、中国が世界貿易機関(WTO)に加入しながら、2002年5月から施行した品質·安全関連の認証制度であり、WTO加入前に自国(CCEE)と輸入(CCIB)に分けて運営することが自国民優遇という指摘に応じて2つの制度を2001年12月に統合して1年5ヶ月の猶予期間を経て、「CCC統合認証制度」を実施しています。
中国へ輸出する企業がこの認証を受けなければ、通関が許可されないことはもちろん、時によっては、罰金 RMB30,000元 (認証を受けた後に認証マークを貼付していない時はRMB10,000元)を支払わなければなりません。

CCCを受けるためには、
国内企業が中国認証機関(DCBs)に申請書、技術文書とテスト製品を提出し、中国内の試験機関から安全·品質検査を行いながら、このプロセスを通過すると、工場を訪問、評価後に適していると認められる場合に証明書が発行されます。

強制認証マークの検査対象は、
△線、ケーブル△電気スイッチㆍ保護装置、電気接続装置△低圧型の電気機器△低功率電動機△電動工具△電気溶接機△生活用電気製品△音響機器△情報技術装置△照明器具△情報通信端末機器△自動車の安全部品△自動車のタイヤ△安全のためのガラス△農機製品△医療機器△消防機器△技術の安定保護製品等となります。

CCC Mark認証手続の流れ

認証申請書類とサンプル提出→製品試験及び初回工場審査→認証結果の評価及び許可→費用の支払い→CCC認証証書取得→CCCマーク購入又は核印版・印刷版の申請

認証取得手順

①CCC認証の申請

②試験サンプル着確認

③製品試験

④テストレポート完了

⑤工場審査通知

⑥工場審査の実施

⑦認証批准

⑧CCCの証明書を発行

⑨CCCマーク購入

⑩事後審査/更新審査

事後審査:12ヶ月以内に1回実施する
更新審査:5年1回実施し、その年には事後審査免除されて更新審査は、製品試験及び工場審査が最初の審査と同じように実施される

認証申請時の提出書類

適用製品は、モデルまたは系列に基づいて認証を申請することができます。
製造業者、モデル、規格が同じですが、生産工場が異なる製品は、申請単位が他のものと見なされます。そしてモデルが他の製品であっても供給電力、安全構造と機能とパフォーマンスに影響を与える主要部品が同じ系列の製品の場合、1つの単位として認定申請をすることができます。

認証申請時の提出書類
1.営業許可書(事業者登録証や工場登録証)
2.品質マニュアル(設置および使用説明書)
3.製品の製造工程の説明(製造工程も、QC工程図)
4.認証の申請製品の生産に関連する主な管理、生産、検査要員リスト(氏名、職務、資格、教育事項等 – 現場確認)
5.認証の申請製品の制御と回路の状態などを把握することができる資料(回路図など)
6.完成品と部品のサンプル

工場出荷時の審査

工場出荷時の審査は形式試験に合格した後に行われ、認証申請した製品を生産するすべての製造現場を対象に製造業者の品質保証能力と製品一致性審査を実施します。
工場出荷時の審査の期間は、認証申請した製品の単位や工場の生産規模に応じて4M / D〜8M / Dまで行うことができます。

製造品質保証能力審査

「製造業者の品質保証能力の要件」に記載されている手順に従って行われ、「責任と資源」、「文書の管理と記録」、「購入及び検査」、「製造工程の管理と点検」、「機器保全と機能点検」、「定期検査と確認検査」、「その他の要件」を確認することで、認証の申請製品の継続的な同一性の維持能力を確認します。

製品の品質保証能力審査

  1. 製品の安全性(Safety) – 各生産単位ごとに確認検査
  2. 電圧試験 – 各生産単位ごとに確認検査
  3. 電磁波特性 – 各生産単位ごとに確認検査
  4. その他の検査項目「中国国家認証実施規則>による

製品一致性審査

  1. 申請製品の表示と形式試験報告書に記載された内容の一致を確認
  2. 製品の構造と形式試験用サンプルの一致を確認
  3. 認証製品に使用された機能と性能に影響を与える主な項目、安全(Safety)に重大な影響を与える部分と型式試験時の試験機関から確認された製品の一致確認

製品一致性検査に異議があるか、専門の検査機関でしか一致するかどうかを知ることができない項目については、別途回収検査を行うことができます。回収検査用サンプリング製品は合格品の中でランダムに1つのモデルを抽出して、指定した検査機関で実施されます。

証明書の発給及び事後審査

認証所要期間

認証期間は、認証機関によって申請書を受理した時点から、形式試験期間、工場出荷時の審査期間、認証結果の評価と許可期間、認証証書制作期間を含んでおり、正式に50日です。 (型式試験期間40日+レポート提出期間5日+認証結果の評価と認証証書制作期間5日)

事後審査期間

事後審査の方法は、製造業者の品質保証能力の再評価と認証製品のサンプリング検査結果内容で12ヶ月目に1次事後審査を実行して、その後では、毎年1回行われます。
次の状況発生時の審査回数が増加することができます。

  1. 認証製品に重大な品質問題や、ユーザーのクレーム提起について、その原因がメーカーにある場合
  2. 認証機関がかなりの理由で認証製品の安全規格の要件を満たすに疑問を提起した場合
  3. 製造業者の組織改編、生産環境と品質管理システムの重大な変更が生じた場合

更新審査

更新審査の周期は、5年ごとに実施され、最初の審査と同じ形式で製品の試験や工場審査が行われます。

証明書の発給及び事後審査

1. マークを 購入時、マークの使用許可を申請すれば、メーカーから直接銘板や本体にマーク付可能です。
マークの使用申請 – 申請者が第3者を通じて申請する場合は、委託証明書と証明書のコピー提出
マークの使用許可証の申請方法と書類
– 申請書の作成
– 証明書のコピー
– CCCマーク図案、中国語の銘板4枚、製品に直接CCCマークを付ける場合CCCマーク図案2枚,

その他の包装ボックスなどにCCCマークを表示する場合それに相当する図案を提出
2. 印刷、プレス、金型、スクリーン印刷、塗装、エッチング、彫刻、スタンプや刻印する場合
3. 製品本体に表示にくい場合最小単位のボックスに表記している場合
4. CCCロゴ代わりに、製品本体に「中国強制認証(中国語)」と表記する場合

マークサイズ

– 標準サイズ :以下の5つ(図1参照)
– 変形サイズ : 認証マークのサイズは、必ず標準寸法に比例して変形させなければならない
* CCCマークを別の方法で表示したい場合:CNCAが管轄(CCCマークDELIVERYセンター)

マークのカラー

白地に黒で表示されます。

HSコードを確認する

HS コードとは
「HSコード」は、「商品の名称及び分類についての統一システム(Harmonized Commodity Description and Coding System)に関する国際条約(HS条約)」に基づいて定められたコード番号です。

2016年7月現在、世界税関機構(WCO)が管理している同条約には、日本をはじめ153の国及びEUが加盟しています。また、非加盟国であってもHSコードを使用している国と地域があり、それらを含めると200以上の国と地域がHSコードを使用しています。
(詳しくは下記のサイトでご確認できます/https://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-010701.html)(jetroサイトから引用)

※ HSコードを確認時、注意点

HSコードを検索して表示される番号は、6桁または、8桁が表示されます。
例えば、エアコンのHSコードは、 84151021, 84151022, 84158210, 84158220に分類されます。

インターネットで検索した時、841510で 6桁の数字だけ確認できる場合は、その後ろの番号まで確認する必要があります。

中国海関(税関)はHSコード 841510は、6桁の数字であり、その後の残りの番号がないため、
84151021, 84151022, 84158210, 84158220 番号が含まれていると推定してCCC認証対象と判定されます。

※ 正しいHSコードを知ることは非常に重要です

サンプル製品を型式試験機関に送る

試験用サンプル製品の体積と容量に応じて自分で運送会社をご選択して送る方法と、CCC認証機関から指定された運送会社を利用する方法があります。

例えばミキサー、電気アイロンなどの体積と数量が大きくない製品はEMS等の宅配便を通して試験機関に送ることができます。
体積が大きく、破損の危険のために専門的な包装の輸送が必要な場合は、専門運送会社をご利用する必要があります。

この場合には、中国の税関によって検査を受けることになり、CCCの証明書がないため、通関保留が発生します。

CCC許可機関では、このような場合に備えて、適用製品の試験証明書を発行して通関します。

※ 詳細については、中国CCC認証機関、または、担当者と相談してください。

製品型式試験に着手時に要求されるもの

製品試験所にサンプル商品が入荷した後、担当者、事前検討業務が行われます。

事前検討作業で、一般的に要求されるものは次のとおりです。

1. 中国語取扱説明書
2.サービスマニュアル
3. 組立図
4. 回路図
5. 重要な安全部品リスト(安全とEMCに影響を与える部品リスト)
6. その他の製品関連の証明書とCB Report(保持時)
7.BasicとAlternate Model(基本製品および派生商品)関連の説明(同時申込時)等

サービスマニュアルと取扱説明書は基本的に中国語で提出しなければならず、中国人ユーザーがマニュアルを見て操作することができるレベルのものが必要です。

もし、サービスマニュアルと取扱説明書が専門用語でなされた場合には、<英文マニュアル>を一緒に提出することが、製品試験、外的な事で時間が遅延されることを防ぐことができます。

※ 中国現地で訪問できる技術者がいたり、CCC認証を代行する担当者が、最初の設定方法を説明できれば、試験期間を大幅に短縮することができます。

製品試験が遅れるケース

1. 試験中に不適合が発生する
– 製品型式試験の期間を超える最大の原因であります。
– 国内では機能や認定試験の問題がなくても、他の試験装置や環境条件では問題が発生することがあります。(重大な問題でない場合は、サンプルの置き換えだけで解決される場合が多い)
– たまに、大きい不適合の発生でメーカーによる技術的変更が必要な場合が発生したりします。

2. 試験用サンプル数量の不足
-規定されたサンプルの数量に満たないか、または試験中サンプルの追加要因が発生した場合

3. インストールマニュアルと取扱説明書の翻訳の誤り
– 翻訳の誤りでテスト担当者の過失を招く場合

4. 技術資料(回路図等)の不備

5. 初期設定で発生する問題
-テスト担当者は申し込んだ企業で提供したインストールマニュアルを参照して使用条件を確認しますが、技術的な事項と開発のアルゴリズムを理解できない場合があります。
-開発者が直接試演したり、開発者からの試演方法を熟知して現場での設定手順を見せてくれるのが良いです。

6. 担当試験要員の過失
– 製品の特殊性を認知できないテスト担当者の不注意で製品が破損した場合

7. 輸送中に部品の破損
– 梱包の不備や、運送業者の過失によって、一部の部品の逸脱や変形が発生した場合

技術的なノウハウと機密厳守

2003年5月1日CCC統合認証制度(以前にCCEEとCCIBに二元化されていた)が施行される時点では、多くの外国企業が技術流出を懸念したことがありました。

しかし、過去7年間で、中国の認証機関と試験機関による技術流出が発生したことは報道されたことがなく、これらの認証と試験機関を監督するCNAS(中国合格評定国家認可委員会 – 前CNCAとCNAB統合機関)も厳しい監査を通じて管理監督している状況です。

CCC認証を申し込む時の注意点

1. 回路図と製品図面提供時の機密事項について、別途表記をしたり、詳しく説明をしておきます。
– 試験機関では、その部分について注意を払っており、用途を終えた文書の廃棄等の措置を取ることです。

2. 知的財産と機密事項について認証機関と協議して提出文書から除外します。
-この部分は、認証機関と試験機関との協議が必要なことですが工場審査中の審査員に証拠資料を提供して証明することができるという説得力のある代案を提示すれば可能なこともあります。

3. 製品試験を終えたサンプル製品について回収を要求します。
– サンプル製品を回収するには、いくつかの手順がありますが、製品テスト機関でもお勧めしている事項です。

4. 工場を訪問した認証審査員に機密に関する事項を伝達します。
– 申請会社を訪問した工場審査員は、開始会議を主催した席で、守秘義務について言及します。また、機密場所や知的財産に関連する事項について事前に意思表示を要求するので、その時に会社の要件を伝達し、実証できる別の方法を提示することができます。

5.コンサルティング会社にCCC認証代理業務を委託する場合には、相互に協議して「機密遵守事項」のための別要求を契約書に明記します。

製品型式試験に着手、完了期間

技術資料の検討と製品試演が終わってから、製品の型式試験が開始されます。

バイヤーと販売代理人の要請ですぐにでも製品試験が完了することを期待しますが、試験を担当したエンジニアは、既存試験中の製品と待機状態のサンプルと書類に順番を置きます。
試験機関によって内部規定を置いて、[急行処理]を実施する例がありますが、追加料金が請求されるため、申請者の立場では催促することもできない立場ですね。

中華人民共和国製品質量認証管理条例では、製品の試用期間を営業15人日(Man day)と規定していますが、変更の理由発生時の調整が可能なので、強制ではありません。

製品の試用期間は、一般的に試験機関受付後20日から35日がかかり、特殊な製品や、技術的な問題で遅れる場合はそれ以上の期間がかかります。

形式試験完了報告

形式試験の完了報告書は、担当試験要員(工程師)が作成し、トップ職位の部長または、主任(副院長職級)が承認され、代表者(社長)の捺印を添付して発行されます。

完了報告書の作成期間は約3〜5日かかります。

CCC認証機関に送られる<型式試験完了報告書」の主な内容

– 試験製品、モデル名、製造会社など申請者と製品情報
– 型式試験機関名、担当部署、担当工程師、承認権者
– 試験に適用される中国国家規格及びその条項
– 試験チェックリスト、アイテム、判定(合格/不合格)、添付ファイル、備考
– 担当試験要員(工程師)の意見内容

工場訪問審査スケジュールの通知

製品試験レポートがCCC認証機関に伝達されると、申請会社に工場審査訪問の日程を通知する公文が送られます。

工場審査通知書<工厂检查通知书>

1.工場名、住所、郵便番号
2.お申し込みの商品名、モデル番号
3. 審査機関、審査員情報と連絡先

※ 工場訪問審査が可能な日付と曜日を確認する文書が事前に送られますので希望する日数を表記して、FAXなどで送信します。

※ 訪問日を入力する項目で休む日の審査状況を確認するチェック欄が別にあります。
中国内では、土曜日と日曜日に審査が行われる場合、超過勤務手当が審査員の給与に反映されるという意見があります。

CCC認証工場審査

工場訪問審査は、一般的には4人日(Man day) – 2人が2日間 – 進みますが、工場の規模と製品の特殊性によって増減することができます。

一般的に、午前9時から午後5時まで行われ、審査チーム会議及びレポート作成の時間を含んでいますので、実際の審査を実施する時間は決められた時間よりも少なくなります。

<主な工場審査項目>

1. 職責とリソース
2. 書類と記録
3. 購入と入荷確認
4. 生産工程の管理と検証
5. 慣例検査(工程検査)と確認検証(最終検査)
6. 検証実験機器及び設備
7. 不良製品の管理
8. 内部質量審査
9. 認証製品の一致性
10. 包装、輸送、保管

※ 実際審査時にチェックする詳細項目は130項目ぐらい

審査のため座席配置の準備
– 審査員の訪問者数の椅子と担当職員が座れる椅子とテーブル
– できるだけ通路など視線をそらすようにする場所は避ける
– 審査を受ける部門の担当者が出席するようにして、お互いの紹介

– 主任審査員を上座(上席)、その横に同行した審査員の席を用意する

– 簡単な軽食を用意すれば、雰囲気を快適にすることがある(最初の工場審査の場合に重要)

会議の進行方法
– 主任審査員(監査長)の主管で始まる会議と終了会議が進む
– 認証機関及び審査チームの紹介
– 認証申請情報と製品の基本的な事項を確認
– 審査スケジュールの説明
– 指摘事項による措置と結果の説明
– 審査中知り得た情報の守秘義務宣言
– 審査予定と機密場所、安全に関する現場の意見の聴取

現場巡回及び審査進行
– 現場を巡回することは、審査長によって始め会議前/後に実施されることがある
– 審査を受ける会社は、関連する書類などを事前に準備
– 審査は、審査を受ける部門と1対1で行われるが、必要に応じて交差審査も可能
– 検査記録などの品質ループ(Quality Loop)と関連したドキュメンタリーは、少なくとも1カ月以上保有すること
– 迅速な回答よりも審査員が希望する要求をよく理解することが大切

※ 注意:工場審査中の審査員に見せるサンプル製品は、中国の試験機関から形式試験を進行した機種と品名、モデル、表示内容が同じでなければなりません。

休憩と食事
– 食事時間は審査日程表を参考にして定め、審査長に食事種類についてお問い合わせする
– 地方によって好む食べ物が相違
(南-甜,北-咸,东-辣,西-酸)

終了会議
– 終了会議は審査の最終日行われ、午後3〜4時頃に審査チームの会議を終えて開始
– 最初の起動会議の時に参加した人員と担当者が出席し、出席者には特に制限はありません。
– 審査の協力に対する感謝と審査結果の説明、指摘された内容、不適合のレベル、訂正アクションの方法及び提出日の要件を説明する
– 申請会社は、不適合事項について十分な説明を求め、納得できない内容については、異議を申し立てることができる

工場審査は、証明書を取得する一つの過程でもあるが、人と人との出会いの機会でもあります。
お互いを思いやるささいなことが円満な関係を形成する基礎になります。

CCCマークの使用及びラベルの購入(CCC标志的申购须知)

ポスト監督審査と再評価実施

CCCの認証を取得した企業は、最初の審査の日から12ヶ月以内に事後監督審査を受けています。事後監督審査は毎年実施されている補足審査ており、最初の審査とは異なり、2人で一日(Man day)実施されます。

<事後監督審査で確認する項目>
– 製造工場の品質管理の状態
– 習慣検証(工程検査)と確認検証(最終検査)の実施状況
– CCCマークの使用状況を確認
– 生産製品の一致性(サンプル抽出して検査機関に発送することもある)
– 以前の審査で発見された不適合事項の確認
– 中国国家規格で要求される項目
– 消費者の苦情受付された事項(該当する場合)
– 必須項目(3、4、5、9項)と選択項目(その他の事項)