新着トピック一覧へ

模倣品対策

模倣品対策について

中国における模倣品の製造・販売状況について実態を調査し、最終的には首謀者と製造工場まで突き止めて摘発する、徹底した対策を行います。また、模倣品を税関で取締る「税関水際対策」も行っております。

関税水際対策

中国税関と連携し、製品の通関時に模倣品を取締まります。事前に製品のリストを税関職員へ提示し、製品の特徴を伝えるなどして取締まりを強化することも一つの手です。模倣品の疑いのある荷物が発見された場合、クライアント様へご連絡し、ご要望によって発送元を逆探知する調査も可能です。尚、この登録については、一度税関に登録すると10年間有効です。

インターネット模倣品対策

インターネット上での模倣品販売はもちろん、正規品であっても無断で商品写真やロゴを使用している非正規の流通商品も対象として調査・対策致します。
大規模な模倣品製造が疑われる場合は、侵害の実態を把握し、必要に応じて製造拠点を突き止めて公安局への申し立て及び摘発を行います。
工場摘発まではいかなくとも、大手プラットフォームであれば、プラットフォーム運営会社へ申し立ててページURLを削除するなどして悪質な販売を止めさせる対策も可能です。

模倣品工場突き止め対策

インターネットサイトに掲載された商品写真や消費者のクレーム内容から模倣品の疑いのある店舗を見定め、まずはサンプル品を購入します。製品の真贋鑑定後、模倣品であった場合は物流ルートなどを逆探知し店舗運営者や製造工場まで辿ります。調査員を派遣して、場合によっては工場で働きながら証拠を集め、公安と連携して摘発します。

ご質問、ご要望については、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください