ネイルはNMPA申請の対象か? 雑貨で通関できる可能性は?

ジェルネイルもマニキュアも非特殊用途化粧品(一般化粧品)となります。
一般的に6ヶ月程度の期間がかかります。

ジェルネイルで注意しなければならない点は色違いでも、1SKUごと(カラーごと)に登録が必要であるという点です。(セットで申請した場合、中国で実施される製品検査が免除されます)
一部、雑貨で通関が可能との情報があることから、今回(2019年9月)あらためて「雑貨での通関可能性」について天津の通関会社に確認をしましたが、以下のような回答でした。

「ジェルネイルは、やはり雑貨として通関が難しく、NMPA申請が必要です。同業者も、通関させるリスクは非常に高いと言っています。 弊社としては請負はできません。」

また、ジェルネイルは、禁止成分が含まれているケースが多くございますので、まずは成分チェックをお勧めします。
(w/o)

以下、海外メーカーのNMPA登録例

ネイル(指甲水)に関するNMPA登録情報(抜粋)