「 NMPA中国化粧品申請、30年ぶりに更新される「(新)化粧品監督管理条例」の 最新情報をWWIPが発表。

7月25日に行われた株式会社情報機構が主催する中国化粧品申請に関するセミナーの講師として来日した、株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(「WWIP」東京都港区)の顧問、Li Xiao氏は、今年30年ぶりに全面的に改訂される「(新)化粧品監督管理条例」の最新情報をセミナーでレポートしました。


これまでWWIPは、30年ぶりに全面的に改訂される「(新)化粧品監督管理条例」について 随時レポートしてきましたが、今回、施行予定日も含めた現時点での最新情報を発表しました。

中国の化粧品NMPA申請の根拠となる法律は、現在は1989年に施行された「化粧品衛生監督管理条例」です。 この根拠法が約30年ぶりに改訂され、新しく「化粧品監督管理条例」として今年、施行される予定であり、その最新情報、注目すべき点をいくつか以下に挙げます。
(現時点での予測であり、確定したものではありません)

① 新条例の施行時期 ➢ 新条例は2019年11月に施行される可能性が高いとの観測です。
② 新条例における特筆すべき改正のポイント
➢ 特殊化粧品の定義と分類が5つの分類と新効能分類の合計6分類に変更になる。今まで特殊化粧品の分類にあった「シェイプアップ」「脱毛(除毛)」「バストアップ」「消臭」は、今後5年間の猶予期間を経て、化粧品の分類から外れる可能性がある。
➢ 委託製造先の品質安全証明について、ISOやGMP準拠の証明が必須になる可能性がある。(第三者機関発行の証明書ではなく、ISO原本のコピーを公証したものなど)
➢ 歯磨き粉がNMPA申請化粧品の 対象となる。効果効能に限らず、全ての歯磨き粉がその対象になる可能性がある。(第6章附則)
➢ 新原料備案申請の方法がより明確になってきました。

見込み通り本年11月に施行されたとしても、実際の運用時期や運用方法がどうなるかはわかりません。しかし、大きな変化が近づいていることは間違いなく、今後とも注視が必要です。
WWIPでは、「(新)化粧品監督管理条例」に関する具体的な情報をサイト上の化粧品Q&Aやニュース欄を通じてお届けしていきます。

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社WWIPコンサルティングジャパン
TEL : 03-6206-1723  Email: official@wwip.co.jp