中国NMPA申請において、プラセンタは化粧品の成分として使用できますか?

中国で化粧品成分としてのプラセンタは、馬由来と豚由来は認められていますが、牛、羊は認められていません。
以下は、WWIPの申請実績でプラセンタを使用している化粧品の裏面中文表記です。
【成分】(动物)胎盘蛋白、乙醇、…

また、下図は、検査機関に申請した複合成分表の画像です。

以上、馬、豚由来であれば使用することは可能ですが、NMPA申請にあたっては、原料由来を具体的に証明できる資料など、相当量の補足資料が必要です。(W/o)