株式会社情報機構が主催する中国における化粧品NMPA申請・栄養食品の申請実務に関するセミナーに、WWIPコンサルティングジャパンの顧問(中国北京在)が講師として招聘され来日します。

株式会社情報機構(東京都品川区)主催、中国における化粧品NMPA申請・栄養食品の申請実務に関するセミナーに、(株)ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(WWIP :東京都港区西新橋)の顧問(中国北京在)が講師として招聘され来日します。


2019年7月25日(木)、26日(金)の両日、株式会社情報機構が主催する中国における化粧品NMPA申請、栄養食品の申請実務に関するセミナーが行われます。
そのセミナーに中国北京在で、NMPA並びに栄養食品申請に精通したWWIP社顧問のLi Xiao氏が招聘を受け来日します。
25日の講演では、今年中国で施行される予定の新しい化粧品監督管理条例の内容等を紹介すると同時に昨年11月10日に発表された化粧品備案申請の制度変更に伴う実務についての解説、 26日は、栄養食品の申請の現状、現行制度の登録プロセス等が紹介される予定です。
https://johokiko.co.jp/seminar_medical/AA190736.php

25日の講座のポイント
中国化粧品管理の法規体制と監督管理(規制)実施体制、2018年11月以降の中国の化粧品規制における法規と、政策の改正が現在の輸入化粧品の出願と登録および規制当局の改革に及ぼす影響を含む、中国化粧品の管理体制を主に紹介する。 中国の化粧品備案または行政許可の前提、プロセス、およびデータ要件の詳細について説明し、そして実務経験に基づいて、中国の化粧品備案または行政許可のプロセスで発生しやすい問題、および解決策を提案する。

26日の講座のポイント
中国の輸入栄養食品の登録は簡素化されており、登録に対する要件は明確であるため、今回は主に輸入栄養食品の備案にフォーカスします。 主な内容は、栄養食品の登録および備案に関する規則、栄養食品備案のための前提条件、備案する栄養食品の原材料および使用可能の添加剤の目録の紹介、ならびに栄養食品備案のガイドライン解説です。中国で栄養食品を備案する過程で注意を払うべき問題と対応する解決策を提案致します。

講師略歴

氏名:
歴 曉 Li Xiao

学歴:
1988-1992 南京大学 生物学系動物及び人体生理学専攻
1991-1992年は中国科学院上海細胞生物研究所で1年実習。学士学位取得
1996-1999 北京協和医学院 基礎医学研究所生理学研究室、修士学位取得

職歴:
1992-2005 中国宇宙飛行士センター研究室、副研究員・マネージャーとして宇宙飛行プロジェクトの立案、実験検証、宇宙飛行士健康管理等を担当。
2006-2017 北京GGX Corporation にて、前期(2006-2010)は商品開発プロジェクトマネージャーとして、主に保健食品の研究開発・検証・動物試験などを行う。 後期(2012-2017)は臨床研究部部長として、生物製剤の治験の企画立案、臨床研究の実施と管理、多くのCDEとCRO企業と関わってきた。
2017- 医薬品・保健食品・化粧品の薬事コンサルティング・申請代行を事業として独立。
2018年会社設立。

※ 当セミナーは株式会社情報機構の主催です。
※ お申し込みは株式会社情報機構にお願い致します。
https://johokiko.co.jp/seminar_medical/AA190736.php