NMPAの窓口によって審査のスピードや難易度に差はありますか?

早期に備案申請を開始した11の自由貿易地区は、備案手続きの経験値が少ない地域よりも審査に慣れている分、早めの申請が行われています。 ただし上海窓口については、独自のルールを敷いたりと審査が厳しくなっているので注意が必要です。弊社では、天津、北京での備案申請をお勧めしています。