使用不可成分の配合を申告せずに申請した場合、どのようなリスクがありますか?

発覚した場合に”虚偽申請”として扱われます。認可取得前の審査、認可取得後に市場抜き打ち調査等で発覚する場合などが想定されます。また、虚偽申請を行った代行業者は”2年間の代行業務停止”の処罰を受ける可能性があります。(w/h)