(中国)来月から中国で商品を販売開始予定なので、悪意商標への申し立て等を行う時間がない。どうすれば良いか?

極力、「異議申し立て」「無効宣告」「3年不使用申請」等で対策することをお勧めしますが、時間がない場合は商標の「買い取り交渉」も請け負います。
弊社で請け負う場合、日本企業が交渉を行うと提示金額が高くなりやすいため、中国提携先より交渉を行います。また、使用権だけ得る契約交渉も可能です。

(WWIP /h)