(中国)商標登録しているのに、後発の類似商標が審査通過した。なぜか?

中国では日々、日本よりもはるかに多い出願がなされています。審査官の判断基準のばらつきの問題もありますが、類似商標が審査通過してしまうことも生じています。相手方の商標が審査通過した時点で異議申立てするか、登録された場合には無効宣告を行うべきです。

(WWIP /h)