WWIPは、6月29日に中国国務院が公告した新しい「中国化粧品監督管理条例」全文の日本語訳を発表しました。化粧品NMPA申請の基本条例の改訂は31年振りです。

WWIPは、6月29日に中国国務院が公告した新しい「中国化粧品監督管理条例」全文の日本語訳を発表しました。化粧品NMPA申請の基本条例の改訂は31年振りです。

株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン (以下「WWIP」 : 東京都港区) は、2020年6月29日に中国国務院が公告した「化粧品監督管理条例(国務院令 第727号)」の全文の日本語訳を7月2日に発表致しました。
全文の日本語翻訳は以下のWWIPサイトから無料でダウンロードできます。

※ 上記リンクにアクセスし、企業名、メールアドレス等をご入力頂いた後、(化粧品監督管理条例(国務院令 第727号)2020年6月29日公告 全文日本語訳)をダウンロードしてください。


今回の公告のポイントは以下の通りです。
トピック① 新条例は、李克強首相名で公告され、2021年1月1日の施行と発表されました。
トピック② 全6章、79条、約18,500字。旧条例が35条、約3,000字であったことから、文字数で6倍に。
トピック③ 「歯磨き粉」が一般化粧品申請の対象に指定、NMPA申請が必須となりました。
トピック④ 「新原料申請」の大枠が規定、高リスク原料は申請登録、一般原料は備案申請になることが明示、申請から登録可否までの審査期間も規定されました。
トピック⑤ 「化粧品NMPA申請」、特に特殊化粧品の申請にあたっての効能に関する資料等、エビデンスの追加要求が行われます。
トピック⑥ 「発毛、脱毛、美乳、身体美容、脱臭」等の効能を謳う化粧品は、2021年1月1日から5年間の間に医薬品、消臭剤、一般化粧品等に再分類されることが明記されました。



<本件に関するお問い合わせ>
 株式会社WWIPコンサルティングジャパン
 TEL : 03-6206-1723
 Email: official@wwip.co.jp


会社概要
商号  : 株式会社 ワールドワイドアイピーコンサルティングジャパン
所在地 : 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-11
事業内容 :
アジア全域における知的財産に関するコンサルティング業務
行政関連申請業務代行、知財保護(調査・摘発)

1) 中国NMPA申請(化粧品・医薬関連製品)、中国SAMR申請(健康食品)の行政機関に対する登録並びにコンサルティング業務。
2) アジア全域での化粧品・健康食品行政申請並びにコンサルティング業務。
3) 日本製品の模倣品を発見し、模倣品工場の調査と摘発を行います。
4) 越境ECサイトの非正規流通を著作権侵害で摘発します。
5) 商標登録の申請をアジア全域で迅速に実施します。
6) 常時監視体制により効果的な冒認商標対策を実施します。

URL  : https://wwip.co.jp/
目次
閉じる